個人情報保護の基本方針

大丸有エリアマネジメント協会(以下、「当協会」という)は、以下の通り「個人情報保護基本方針」を定めています。当協会は、本方針に基づき個人情報を適切に保護します。

1. 個人情報の利用目的の明確化
当協会は、個人情報を取得する際には、その利用目的を明らかにします。また、利用目的を変更する際には、適切な手続きを実施して変更後の利用目的を明らかにします。

2. 個人情報の利用目的の順守
当協会は、個人情報を利用する際には、明らかにした利用目的の範囲を順守します。

3. 第三者提供の制限
当協会は、個人情報を第三者に提供する場合には、適切な手続きを実施して提供します。

4. 委託先の監督
当協会は、個人データの取り扱いを含む業務を外部に委託する場合には、委託先において適切な安全管理措置が実施されるよう、監督を行います。

5. 個人情報の正確性の確保
当協会は、個人情報が常に正しい内容であるよう努めます。

6. 適切な安全管理措置の実施
当協会は、個人データについて適切な安全管理措置を講じ、漏洩、滅失、毀損等の事故を防止するよう努めます。

7. 本人の参加
当協会は、個人情報の本人のオーナーシップを尊重し、本人からの問い合わせや相談、苦情に、誠意を持って対応します。

8. 個人情報に関する法令等の遵守
当協会は、個人情報の保護に関する法令等を順守します。

9. 個人情報保護への継続的な取り組み
当協会は、今後も個人情報の保護に継続的に取り組み、技術の発展など社会の変化にすばやく対応するよう努めます。