“日本の涼”を体感する「丸の内 de 打ち水」

2018年7月27日(金)、東京駅前の行幸通りにてイベント「丸の内de打ち水」「東京丸の内盆踊り2018」が開催されました。

会場には、東京都の小池百合子知事らゲストも駆けつけ、浴衣姿やお揃いの法被に身をつつんだ参加者と「それー!」という掛け声とともに、木桶に入った水を柄杓でまき、ひとときの涼を楽しみました。

打ち水の後は、高さ約5メートルの祭りやぐらを中心に皇居と東京駅をつなぐ、行幸通りでの盆踊りも開催。元バレーボール選手の大林素子さんも登場し、イベントを盛り上げました。