第Ⅲ期・第3回 常盤橋フォーラム講座「元禄地震と江戸城修築 ―幕府作事方と普請手伝大名―」 (2016.2.15)

常磐橋界隈を様々なテーマでご紹介する連続講座「常盤橋フォーラム講座」の
第Ⅲ期 第3回のご案内です。

今回のテーマは「元禄地震と江戸城修築―幕府作事方と普請手伝大名」。
マグニチュード8の元禄地震(1703)は相模トラフ付近のプレートのずれにより発生し、
関東地方では死者1万人以上の被害を出しました。

伊豆半島東側や房総半島でも津波により多くの人が命を落としました。
江戸市中は揺れも小さく、津波の浸水域も小さかったのですが、江戸城の石垣や諸門、
御殿などに相当程度の被害が出たとされています。

幕府は地震5日後には、まず7家、全体では25の大名に壊れた石垣、倒壊した建物の
修復を命じたといいます。その実態はどのようなものであったか…。

今回は、幕府作事方の日記と大名家の記録からその実態を検証します。
これまで同様、大人気必至の本講座、ぜひお早めにお申し込みください。

☆☆☆前回と会場が異なります。会場詳細は以下[場所]をご参照ください。☆☆☆

■日  時 :  2016年3月2日(水)18:30~20:00 ※受付開始18:00
■講演者:     北原 糸子氏
■参加定員:    先着70名 ※定員になり次第、申込を締切させていただきます
■参 加 費:    無料
■申込方法:    E-mail[ligare2002@ligare.jp]宛に、
講座名、お名前[ふりがな]、TEL、E-mailをお書き添えのうえ、
ご応募下さい。 ※お電話での受付は行っておりません。ご了承下さい
■申込締切:   2016年2月26日(金) ※但し、締切日前でも定員になり次第締切となります
■主 催 :   常盤橋フォーラム
■問合せ先:   リガーレ(大丸有エリアマネジメント協会)【常盤橋フォーラム事務局】
TEL:03-3287-5386 ※平日9:30~17:30
■場  所 :  「3×3 Labo」(さんさんらぼ)  サロン&セミナーゾーン
日本ビル6階662区 [千代田区大手町2丁目6-2]